2010/8/27  0:07

シーズン  

高活性時の釣り方について、とあるマイスターに一度だけ誉められた事がある。
そしてその十倍くらい駄目出しも頂いた。
兎に角高活性の魚を、数多く釣らないと解らないレベルだから、放流や新季オープン時は積極的に真剣に取り組めと…

そして、またその季節が来た。

九月はスケジューリングに忙しい…

千葉県ジョイバレー
9月12日メインポンドオープン。

神奈川県王禅寺
9月19日フライポンドオープン。

栃木県元ワールド
9月19日新規オープン。

9月は何処までも何処までも行く事に成るのだろう。
高活性鱒を追い続けて。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/8/13  5:43

手打ち  

足柄キャスティングエリアに行った際に、昼食をとりに訪ねたうどん店。

すぐ近くにもうどん店が隣接しているところからして、足柄名物なのかも知れない。

足柄キャスティングエリアから、更に山を登った峠道の先に有るのだが、夏休みとはいえ平日の日中に、満員だった。
観光客に混ざって地元常連の方もみえるのは、やはり当地の名店なのかも知れない。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/8/13  1:39

癒しを求めて  エリア

異常な暑さの今年の夏

蝉の声すら悲鳴に聞こえる
川のせせらぎを求めて渓流にでも、行きたいところだが、前日から動ける丸一日の休みが無いと、厳しい環境に居している。

ではせめて、
渓流区画の有る管理釣り場にでも…
という訳でも無いだが、この時期でも、比較的超過の見込める管理釣り場を探していたら、その答えの一つに、今回の『足柄キャスティングエリア』があがった。

実際に訪れて見ると、想像していたよりはこじんまりとしていた。

用意を整えポンドに近づいてみると其処には…

初来園の歓迎か?
良く飼い慣らされている鱒達が、玉に成って水面に上がって来て我々歓迎してくれている。
ナブラだ…

池際で手を挙げるだけでナブラが起きる…

そこから始まる1日が思いやられた瞬間でも有った。

しかし、然程危惧する事は無かった。
最初の数十分こそ、ヒットした魚が潜ると、他の魚の鰭にラインを切られ、辟易したものだが、最初の頃に群れを玉に変えての、大歓迎の鱒達は、みるみる態度を豹変させ、無愛想なスレッカラシの集団へと変化した。

それでやっとこちらも真剣に楽しめる様に成った。

手を代え品を替えての此方の誘いに、程好く相手をしてくれる魚たち、トーナメンターの方達が、真剣に望めば三桁釣果も目に見えるのだろうが、わたくしには程よい、時間あたり10尾程度の釣果だった。

予定していた「癒し」とは大分違った休日には成ったが、十分楽しんだ休日に成ったが。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/8/12  1:01

何だろう?  

普段あまり自販機のサンプルを、良く見ずに買っているのが良く解る。
ふと目について気になって、近づいてマジマジ見てしまった…
こんなの今まで、気付かなかったなぁ〓

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/6/25  6:13


渓流へガイドしてもらった。
慣れない山川歩きが体にこたえる。
それでも魚の姿を目にすると、苦労が報われ癒された気分に浸れる。
天然魚さんに感謝だね。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/5/21  7:14

99フリークス ディスプラウト  タックル

倦怠期か?とさえ感じる釣り熱の下降。
休みの調整が困難に成った事も、起因としてかなり有るのだろうが、技量の進歩も壁越し叶わず、何となくの体たらく釣行が、飽きの原因の一つで有ることは否めない。
そこで気分一転を図るために、新たなロッドを購入することにした。
今の手持ちの物には不満もなく、十分事足りているので、飽くまでも気分転換の浮気なので、手頃な物がと物色した結果、99ディスプラウトが浮気相手に決まった。
購入したタックルは先ず、清掃手入れをするのが自分流なので、いくら浮気相手とはいえ、その辺は恋人と同じ扱いで、先ずは手入れをグリップ回りから、次にティップから継ぎ目にかけて…
丁寧過ぎる位のメンテナンスが、やっと最後のガイドに差し掛かった時に成って、ガイドの異変に気付いた。
SICリングが変だ…

問い合わせた結果、交換と言うことになり、一時間のメンテナンスは、不良検品作業に成ってしまった。
廉価商品とは言え、一流をうたっているメーカー二社の、コラボレーション商品だっただけに、少し残念だった。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2010/4/29  15:11


大会前の予想

優勝50匹
表彰台45匹
シングル40匹

位のボーダーラインを想像していた。


ローテーションで入る場所

Cエリア放流地点左手コーナー〜Dエリア寄り。

Dエリアシャロー側真ん中辺り。

Aエリアハンドル右手。

Bエリアオーバーフロー右手。


実際には、

Cエリア桟橋左手。仲間情報で、前日終了間際のその場所が、入れ食いに成っていた。と、いう耳情報だけで、コロッと…
結果10匹でまぁ仕方ないかな…(最初の予定場所付近では14〜15匹の方がいた)

Dエリア、Cエリアで粘った(1分切ってからも一匹追加)為狙い目に入れず、攪拌水車下流三番目。二番目の方が、リンゴ18でワンキャストワンバイト9キャッチ。それにつられてクランクからスプーンに方針変更が裏目に出て、三匹の大ブレーキ。


Aエリア、第2水車下流左手でDエリアでの右隣の方のパターンを探るも、魚が薄いのか6匹に終わる。



Bエリア、少し前から風が出てきていたので、風下狙いで階段下左手5メートル付近に入る。ピンクのDクラピーで11匹。



如何に自分の引出しが空っぽか露呈した東山湖大会だった。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ