ブックメーカー投資ソフト“Triple A” 口コミ  ブックメーカー投資ソフト


Triple A がパワーアップ
詳細はこちらをクリック



どう考えてみても、勝率100%の投資法です。
でも、実践には少しばかりの準備が必要・・・



ブックメーカー投資という投資種目があります。FXや株式投資や日経平均先物などとは違って、正しく準備をして実践すれば、全ての取引で利益を出すことができます。


「含み損」や「ドローダウン」などとは無縁です。当然、それらのストレスを感じることもありません。何といっても、理屈上、勝率100%なのですから・・・。


ブックメーカー投資というのは、英国を中心とした欧米で盛んに行われている「スポーツくじ」を巧みに用いた投資です。日本にも「toto」がありますが、これをもっと大規模かつ一般的にしたような「くじ」です。


胴元の役目をする会社を「ブックメーカー」と言い、何と2,000社以上もあるのです。ブックメーカーは英国政府の許可を得て営業しており、なかには銀行よりも信用ランクの高いブックメーカーも存在します。


ブックメーカー投資の本質は裁定取引(アービトラージ)です。それを例で説明しましょう。


いま、「レアルマドリード × バルセロナ」の試合のオッズ(掛け率)が次のようになっているとします。


Aブックメーカー社: レアルマドリード 2.5倍 ,バルセロナ 1.6倍
Bブックメーカー社: レアルマドリード 1.2倍 ,バルセロナ 3.7倍


例えば、A社でレアルマドリードに10万円賭けるだけだと単なるギャンブルです。レアルマドリードが勝てば25万円が払い戻されて大きな利益になりますが、バルセロナが勝てば10万円はパーです。


しかし、A社でレアルマドリードに10万円、B社でバルセロナに10万円、同時に賭けるとどうなるでしょうか?


レアルマドリードが勝った場合 ⇒ 25 - (10 + 10) = 5万円 の利益
バルセロナが勝った場合 ⇒ 37 - (10 + 10) = 17万円 の利益


あれれ?どちらが勝っても利益になりますね。これが、裁定取引(アービトラージ)です。勝率が100%となる理由です。


さて、ブックメーカー投資の最も基本的な部分は以上の通りなのですが、これを実際に行おうとするとたいへんです。


ブックメーカーは2,000社以上、対象となるスポーツの種類は数100、スポーツチームは10,000、・・・。これでは、組み合わせの数が膨大すぎて、確実に利益になる組み合わせを目で見てさがすことなんて、実質的に不可能です。


そこで、パソコンのソフトでさがすことが絶対に必要となります。ブックメーカー投資ソフト“Triple A”は、そのような役割のソフトなのです。


他にも同様なソフトはいくつかありますが、次の4つの項目全てに満足できるのは“Triple A”だけでしょう。


● 設定の簡単さ
● ソフトの使いやすさ
● 1日に出るサインの数
● サインが出るスピード


特に、「サインが出るスピード」は重要です。他のソフトと比べてみるとよいでしょう。


“Triple A”を利用してブックメーカー投資を実践すれば、毎日1〜2万円程度の利益を積み上げることは十分に可能です。

“Triple A”の詳細はこちらをクリック




ブックメーカー投資ソフト“Triple A”の口コミ、レビュー、効果などの情報を公開しています。アービトラージ(裁定取引)なので、ちゃんと実践すれば負けは考えられません。勝率100%の投資です。




スリーミニッツキャッシュ 北川賢一 レビュー


ブックメーカースポーツ投資「Bookmakers Arbitrage Pro 2010」 レビュー


「日経225オプション取引 ミリオン戦略」 生方茂樹 効果



0